kawaeri8●gmail.com(●→@)


by aoyamaokaimono

waitingroomとマガジンのジン インディーズな冊子たち

少し前に、自宅を週末開放して
ギャラりーにされている、三茶の
Waitingroomさんにおじゃました。
ウェイティングルーム、待ち合い室、
名前もすてきじゃありませんか。
由来もすてきなのでHPへ飛んでみてね。

ニューヨークに長く暮らしたお二人が
作る、日常生活とアートが共存した空間
にもなごみましたが、そんな空間を作る
ディレクターの芦川さんのお話がこれまた
おもしろくて。
b0167507_101455100.jpg

MAGAZINEのZineをとって、ジンと呼ばれる
冊子を、ニューヨークなどのアーチストたちは
自分で作って販売したりするそう。
そういえば、私も個人が作る冊子は、
ピンポイントでツボにはまるものが
多くて昔からけっこう買い集めてます。

↑左から、ウェイティングルームで買った
モノクロコピー綴じ、上のカラフルなのは
パリで。アフリカ・アラブ街がテーマの絵
+写真冊子、隣の横長が、見せていただいた
展示のすてきな画集、真ん中はモロッコ旅日記、
その下は、前にもこちらに書いたフィンランドなどの旅写真を展示されていた方の冊子↓こちらなか。
b0167507_1035298.jpg

↓一番下の黄色冊子はイラストレーターの近藤みわ子さんの冊子。パリ滞在日記。
b0167507_10272835.jpg

b0167507_10282722.jpg

↑こちらとともに、ずいぶん前に購入したもの
ですが、イラスト+映画評(成瀬巳喜男監督など古い
日本映画にも詳しくて、、)などもおもしろくて、
お気に入り。
b0167507_10371482.jpg

↑パリのアフリカ・アラブ街、この辺に部屋を
借りてウロウロしていたことがあり、写真を
撮りたい風景や人満載の地域なんですが、東洋人顔
だけでも目立つので写真撮れず。記念に購入。
b0167507_10394274.jpg

waitingroom展示のshoko moritaさんの冊子なかみ。
表紙の水色半透明紙を含めA4横8枚綴り。紙質も
ドローングに合わせて変えてある懲りよう。
綴じは、六角のネジ!
b0167507_10444695.jpg

↑こちらもwaitingroomで購入。NYの作家さん
ものでしょうか。A4サイズ、8枚つづりコピー本。
ミシン縫い綴じが、おもしろい。本物の絵は
カラーかと思いますが、こんな簡単な冊子なら
自分で作れそう。
b0167507_10472196.jpg

↑私がむっかし、トムズボックス
さんに作ってもらった初zine。モノクロ画面の小さい
↓マックを使い始めた頃、初めてマウスで描いて
みたものです。B6版、16ページ。1色刷。
b0167507_10504941.jpg

b0167507_133647.jpg

↓大大好き!!なBanca。ブラジルの音楽、
デザイン、カルチャーを幅広く紹介。
いつか行ってみたい国!!
A5版。なかはモノクロ。ホチキス綴じ。
60ページほど。
b0167507_1051545.jpg

↓「少女座」。80年代に出版された
元祖オリーブ、乙女系冊子。レアモノです。
このあたりもジン、って言っちゃって
いいのかしら。本気の?雑誌たち。
b0167507_10563168.jpg

市販の雑誌が、半分以上広告なんてことが
ザラでほぼ広告媒体になってしまったような
ものが増えてきて、買いたい!と思うものが
少ない今、こんなインディーズ
冊子たちは、輝いてみえますわ。
b0167507_10585557.jpg

この先、ipadなどの発売で出版の状況は
どのように変わっていくのでしょうか。
b0167507_1195947.jpg

↑一般書店で買えるmurmur magazine。(上の上写真の桜色)
暮らしとおしゃれ+健康に興味ありの女子
必読!な濃い内容。

上(創刊号)は、
フジコ・ヘミングの音楽ではなく、
ファッション特集。前前からピアノはもちろん、
その独特のファッションにも興味しんしん
だったので、狂気乱舞!!こんな特集を
載せてくれるなんてすてきすぎるっ!!
そのうち、片桐はいりさんのおしゃれ
特集、やって欲しい〜〜〜!!!です!!

↓近代ナリコさんのmodern juiceも
好きだったなあ。
b0167507_11261886.jpg

あと、ミニミックスというパリ+東京で
出版されていた手のひらサイズのかわいい
冊子、紹介したかったんだけど、みつかり
ません〜。他にもまだいろいろあり!
載せきれないので、またいつか。
[PR]
by aoyamaokaimono | 2010-05-11 11:33 | BOOKS